【原 大輔 】元プロボクサーのパーソナルトレーナー

小中学生の頃、8年間剣道に修練し礼節を学ぶ。

中学・高校ではバスケ部に所属。高校では陸上競技と競輪部にも所属し、試合では数々の賞を獲得。しかし過度なトレーニングで腰と膝を痛める。

23歳の時、ボクシング元世界チャンピオン、辰吉丈一郎の試合に感銘を受け、フィットネスクラブで仕事をしながら、横浜光ボクシングジムに通い始める。

入門後1年2ヶ月でプロテストに合格し、2007年東日本新人王トーナメント戦にてベスト4の実績を残す。

引退後はフィットネスクラブのトレーナー業に専念し、10年で延べ7000人のトレーニングプログラムを作り、個々に合わせた運動プログラムの作成とサポートを行う。

その後、キックボクシングサーキットジム【9ROUND】のインストラクターとなり、お客様のご指導に携わる。同時にFATBURN EXTREMEマスタートレーナーとして、各地でインストラクター養成やイベントレッスンを行う。

そして2019年10月、個々のお客様の目標達成に全力を注ぐべくフリーのパーソナルトレーナーとしての活動を開始。

16年続けてきたボクシングと、自身が経験してきた身体の痛みを考慮した自体重メインの筋力トレーニングを融合した独自メソッドは、繊細な女性でも楽しく続けられるセッションとして確立する。

ストレスの発散もできるミット打ちボディメイクセッションに人気があり、楽しくシェイプアップしたい女性から多くの支持を得ている。

パーソナルトレーナーになった理由

前の記事へ 次の記事へ